• 取り扱い製品一覧
  • 日本橋豆腐店
  • 絹豆腐
  • おぼろ豆腐
  • 充填豆腐
  • 焼き豆腐
  • がんもどき・生揚げ
  • 油揚げ
  • 夢味屋
  • その他
HOMEへ戻る
  • 豆腐レシピ 季節ごとに美味しい豆腐の食べ方をご提案
  • 就職活動中の皆様へ リクルートはこちら

Q&A

HOME>Q&A

質問一覧

質問と回答

主原料である「大豆」の産地はどこですか?
国産と表示している商品以外は、カナダ産、アメリカ産です。
遺伝子組み換え大豆は使用していませんか?
使用しておりません。輸入大豆は、産地から工場まで分別管理された非遺伝子組換大豆を使用しております。
国産大豆は遺伝子組換大豆は栽培されておりません。
残った生おからを保存したいのですが、凍らせても大丈夫ですか?
密封して他の物のにおいが付かないようにすれば冷凍保存可能です。
ただし、霜が付かないうちに使用してください
生おからをそのまま食べても大丈夫ですか?
そのままお召し上がりいただけますが、調理することで、よりおいしくお召し上がりいただけます。
豆腐は冷凍保存できますか?
凍り豆腐風に調理される以外はお勧めできません。冷凍すると組織がスカスカになってしまうのです。
また、冷蔵庫でも冷風吹き出し口の近くに置くと、稀に凍ってしまうことがありますので、注意してください。
「絹豆腐」と「木綿豆腐」の違いはなんですか?
絹豆腐」は濃い豆乳とにがり(凝固剤)を型箱の中で均一に混ぜて固めたもので、なめらかな食感が特徴です。
木綿豆腐」は豆乳とにがり(凝固剤)を混ぜて固めたものを崩し、布を敷いた型箱に盛り込んで、圧力をかけて作ります。そのため、表面に布目が付いており、組織のきめが粗いため味がしみ込みやすいという特徴があります。
「充填豆腐」とはどんな豆腐ですか?
充填豆腐は豆乳とにがり(凝固剤)を豆腐の容器に充填し、容器の中で固めて作っています
「おぼろ豆腐」とはどんな豆腐ですか?
おぼろ豆腐」は「絹豆腐」よりもさらに柔らかく作った豆腐を水さらしをせずに、温かいまま一つ一つおたまで丁寧に容器に盛り込だものです。特徴は、できたての風味に近く柔らかで口当たりがいいところです。
「おぼろ豆腐」の中に豆乳が入っている商品があるのはどうしてですか?
おぼろ豆腐は水さらしをせず、温かいまま容器に盛り込んで殺菌、冷却をしますが、少し離水してしまうため、若干硬くなってしまいます。
そこで、豆乳を入れることにより離水を防ぎ、風味や柔らかさを維持しています
揚げ物類の油抜きはどうしたらいいですか?
熱湯をかけるか茹でるかしてください。また、その際はやけどをしないよう十分に気をつけてください。
当社の揚げ物は、大豆サラダ油を使用しておりますので、そのままでもお召し上がりいただけます。